EARSU 本文へジャンプ

用語集



■建築用窓ガラスフィルム



遮熱

夏場の日射熱を建物の外部で遮り、室内にその影響が出ないようにすること。

断熱

冬場の室内の熱を内部で遮り、室外にその影響が出ないようにすること。
断熱性能が高いガラスやフィルムを貼れば結露の低減になります。

赤外線

人間の目で見える光の波長よりも長い電磁波。
人の目では見ることができず熱として感じる光。

紫外線

人間の目で見える光よりも波長が短い電磁波。
人の目では見ることができず熱としても感じることができない光。

可視光線

人間の目で見える光。可視光線よりも波長が短いものを紫外線、波長が長いものを赤外線と呼ぶ。

遮蔽係数

日差しを遮る効果を見る指標です。
3mm厚透明ガラスを1とし、6mm厚透明ガラスに貼付した場合の
室内に入る日射量の割合を示します。

透過率・反射率・吸収率

紫外線や可視光線、日射がフィルムを貼ったガラスにそれぞれ透過・反射・吸収される割合を示します

ガラスの熱割れ

ガラスが直射日光を受けると、日射熱によって暖められた部分が膨張します。
一方、ガラス周辺のサッシに埋め込められた部分や影の部分にはあまり変化がないので、
周辺部分に引張応力が発生します。【熱応力】
ガラスエッジ部の許容強度を越える熱応力が発生すると「熱割れ」が起こります。
網入りガラスは熱割れしやすい為、熱割れ計算をする必要があります。
当社、アースは全ての物件で熱割れ計算をしております。

虹彩現象

ガラスフィルムは、基材・粘着材・耐摩耗性ハードコート層などの
薄膜が積層されているために光の干渉をおこします。
このため室内蛍光灯の反射光や太陽の反射光により映り込みの加減で
フィルム表面に虹模様が見えることがあります。

熱貫流率

室内外の温度差に起因する熱の逃げやすさを見る指標です。温度差が1℃ある時、
面積1uあたり1時間に抜けていく熱量を表します。


京都議定書

1997年に京都で開催され採択された議定書。2005年2月に発効した。
二酸化炭素や温室効果ガスを先進国全体で削減することを義務付けされている。

チームマイナス6%

世界に約束した日本の温室効果ガス排出量の削減目標は、1990年に比べて6%削減すること。
これを実現するための国民的プロジェクト、それが「チーム・マイナス6%」です。

環境社会検定試験(eco検定)

環境に対する幅広い知識を持ち、社会の中で率先して環境問題に取り組む”人づくり”、
そして環境と経済を両立された「持続可能な社会」を目指すのが
「環境社会検定試験(eco検定)」です。

■床コーティング「ミラーコート」



シリコーンコーティング

耐熱性、耐薬品性、水をよくはじく物質「シリコーン」使用した床コーティング



トップページへ戻る



COPYRIGHT (C) 2009-2010 , EARSU ALL RIGHTS RESERVED