EARSU 本文へジャンプ

施工までの流れ



窓ガラスの種類 ・形状によっては
窓ガラスフィルムが貼れない場合がありますので、
現地にて窓ガラスの調査 ・サイズの計測をし、
それをもとにお客様に窓ガラスフィルムの選定をしていただきます。

H邸の場合

1. お客様から要望を伺います。
   
  H様の場合は隣家からの視線が気になるので
  窓ガラスフィルムで隣家からの視線を遮りたいとの事でしたので
  すりガラス風になるフィルムをご提案しました。
お客様からの要望

2.窓ガラスの調査をします。

 下記の調査をします。

 窓ガラスのサイズ(横×縦)
 窓ガラスの枚数
 窓ガラスのタイプ
  (ペアガラス・すりガラス・網入りガラス・強化ガラス等)
 窓ガラスの方位
窓ガラスの採寸 窓ガラスの採寸

3.調査をもとに窓ガラスに貼れるフィルムの選定をします。

 窓ガラスフィルムの種類は数十種類もありますので
 当社がお客様の要望を考慮しつつ、
 現地の窓ガラスに適した窓ガラスフィルムをご提案します。

 今回はサンプル帳にて、すりガラス風のフィルムの
 感じを確認していただきました。
窓ガラスフィルムのサンプル帳

4.施工前の写真

  施工前の室内からの写真
施工前
      
5.施工中の写真

 まず窓ガラスの掃除をします。
 




 掃除が終わりましたら窓ガラスフィルムを窓ガラスに
 貼り付けます。







 窓ガラスフィルムを圧着します。







 窓ガラスフィルムの余分な部分を専用の道具を用いて
 カットします。
窓ガラス掃除窓ガラスフィルム貼り付け窓ガラスフィルム圧着窓ガラスフィルムカット
      
6.施工後の写真

  施工後の室内からの写真

  透明だった窓ガラスが窓ガラスフィルムを貼ることにより
  すりガラス風に変わりました。

  今回の窓ガラスフィルムを貼ることにより下記の効果が
  得られます。
  1. プライバシーの確保
  2. 紫外線を99%カット
  3. 窓ガラスの飛散防止
  4. お客様の笑顔
施工後

トップページへ戻る

      
COPYRIGHT (C) 2009-2010 , EARSU ALL RIGHTS RESERVED.